NATIONAL-QUALIFICATIONS

ドローンスクール事業(国家資格)

ドローンスクール事業(国家資格)

ドローンスクール事業

国家資格ライセンス対応コースについて

令和4年12月5日に施工される航空法改正に伴い、国家資格である「無人航空機の操縦者技能証明制度」が開始されました。

国家資格を取得することによりレベル4飛行が可能となります。
本コースでは、一等及び二等国家資格取得に向けた座学・実技を受講することができます。

また本コースは、人材開発助成金(事業展開等リスキニング支援コース)の対象となっており、申請すれば助成額で受講することができます。

なぜ国家資格が必要なの?

従来までに発行されていた民間技能認定証については、移行期間が残り2年ほどある操縦者の飛行技量審査の証明として活用されます。

しかし現在の民間技能認定証は、証明としての活用を取りやめると想定されています。
(民間技能認定証は、申請書類の省略が認められない運用に変更されます) そのため、すでに民間ライセンスを取得されている方も、国家ライセンスに切り替える必要があります。

※国の登録を受けた登録講習機関で訓練を修了している場合、国家資格取得に必要な実地試験が免除になります。

飛行できるレベルは?

なぜ国家資格が必要なの

飛行レベル4 目視外・有人地帯で補助者無しで飛行
飛行レベル3 目視外・無人地帯で補助者無しで飛行
飛行レベル2 目視内・自動飛行
飛行レベル1 目視内・マニュアル飛行

一等無人航空機操縦士の資格を取るには

技能証明申請者番号を取得する。

必修になります。

申請頂く前に航空局が提示している「技能証明申請者番号」を取得するようお願い致します。
こちらのURLをご参照下さい。https://www.mlit.go.jp/koku/license.html

登録講習機関で講習を受ける。

 

指定試験機関で学科試験と実地試験を受ける。

学科試験

形式 コンピューターを使った三肢択一式(一等:70問)
試験時間 一等:75分程度
試験科目 操縦者の行動規範、関連規制、運航、安全管理体制、限定に係る知識 等

実地試験

机上試験 飛行計画の作成
口述試験 飛行空域および周囲の確認、飛行前の点検
実技試験 一等[GNSS/ビジョンセンサーOFF ]高度変化のあるスクエア飛行、ピルエット、緊急着陸を伴う8の字飛行
口述試験 飛行後の点検、飛行の記録
口述試験 事故等の報告、説明

※登録講習機関での修了試験も同一内容です。

身体検査を受ける。

 

技能証明書の交付を国土交通省に申請する。

 

二等無人航空機操縦士の資格を取るには

技能証明申請者番号を取得する。

必修になります。

申請頂く前に航空局が提示している「技能証明申請者番号」を取得するようお願い致します。
こちらのURLをご参照下さい。https://www.mlit.go.jp/koku/license.html

登録講習機関で講習を受ける。

 

指定試験機関で学科試験と実地試験を受ける。

学科試験

形式 コンピューターを使った三肢択一式(二等:50問)
試験時間 二等:30分程度
試験科目 操縦者の行動規範、関連規制、運航、安全管理体制、限定に係る知識 等

実地試験

机上試験 飛行計画の作成
口述試験 飛行空域および周囲の確認、飛行前の点検
実技試験 二等[GNSS/ビジョンセンサーON(一部OFF)]スクエア飛行、8の字飛行、異常時の飛行
口述試験 飛行後の点検、飛行の記録
口述試験 事故等の報告、説明

※登録講習機関での修了試験も同一内容です。

身体検査を受ける。

 

技能証明書の交付を国土交通省に申請する。

 

*一等資格、二等資格を有していなくても、飛行場所や飛行方法によっては引き続きドローンは国家資格なしでも飛行できます。
現時点では民間資格と二等資格では、飛行場所、飛行方法においての違いは有りません。
申請作業が不要になるという点が大きな違いになります。
*但し、二等資格で飛行させるには、一等資格と同様に対象となる機体(ドローン)が国土交通省の機体認証を受けている必要があります。

一等資格、二等資格の講習時間と費用は?

ドローンを飛行させた実績がある方は、「経験者」扱いになりますので、学科、実地合わせて1日で終了することが出来ます。
また、ドローンを飛行させたことが無い方は「初学者」になり、座学をWeb講習にされると一等では8日程、二等では2日半程で終了することが出来ます。

講習料金表

1. 一等無人航空機操縦士(経験者):学科オンライン

  基本 基本+限定解除
(目視内)
基本+限定解除
(昼間)
基本+限定解除
(目視内+昼間)
最低講習時間 19時間  24時間  20時間  25時間
修了審査時間 1時間  1時間×2  1時間×2  1時間×3
料金 ¥297,000  ¥429,000  ¥352,000  ¥484,000

2. 一等無人航空機操縦士(初学者):学科オンライン

  基本 基本+限定解除
(目視内)
基本+限定解除
(昼間)
基本+限定解除
(目視内+昼間)
最低講習時間 68時間  75時間 69時間 76時間
修了審査時間 1時間  1時間×2  1時間×2  1時間×3
料金 ¥924,000 ¥1,038,400 ¥979,000 ¥1,093,400

3. 二等無人航空機操縦士(経験者):学科オンライン

  基本 基本+限定解除
(目視内)
基本+限定解除
(昼間)
基本+限定解除
(目視内+昼間)
最低講習時間 6時間  7時間  7時間 8時間
修了審査時間 1時間  1時間×2  1時間×2  1時間×3
料金 ¥136,400 ¥171,600 ¥191,400  ¥226,600

4. 二等無人航空機操縦士(初学者):学科オンライン

  基本 基本+限定解除
(目視内)
基本+限定解除
(昼間)
基本+限定解除
(目視内+昼間)
最低講習時間 20時間  22時間  21時間  23時間
修了審査時間 1時間  1時間×2  1時間×2  1時間×3
料金 ¥308,000 ¥363,000  ¥363,000 ¥418,000

料金表の詳細はこちら

お申し込みの流れ

開催スケジュールを確認する

開催スケジュールにつきましては、下記Googleカレンダーをご確認下さい。

WEBから申し込む

※この時点ではまだご予約は確定しておりません。
※人材開発支援助成金を利用してコースを受ける方は、受講予定日の最低1ヶ月前までに助成金の申請を行ってください。人材開発支援助成金についてはこちらをご覧ください。
人材開発助成金(事業展開等リスキニング支援コース)についてはこちらをご覧ください。
※補助金の申請に必要な各種書類はこちらからダウンロードしてください。

受講料のお支払い

※人材開発支援助成金を利用してコースを受ける方は、採択後でなければお申し込みの確定ができません。

予約完了

※入金は実地講習初日の2週間前までにお願い致します。(遅れる場合はご連絡ください)
※実地講習初日の1週間前以降のキャンセルに関しては50%のキャンセル料が発生する場合がございます。延期の場合も含め詳しくはお問い合わせ下さい。

スケジュール

Googleカレンダーが入ります

スクール講習会場

A.福岡県筑紫野市山家3720-15

B.福岡県朝倉郡東峰村大字小石原868-1

C.長崎県西彼杵郡時津町野田郷68-17

 

講習科目及び講習時間

お申し込みはこちら