コンテンツ

自然冷媒ガスコンサルティング

空調機の冷媒ガスを自然冷媒ガスに変更することで電気代金を削減

節電意識が高まる昨今ですが、空調機が電気代金に占める割合はまだまだ高い状態です。
当社では既存の冷媒ガスを入れ替えることで、空調機に掛かる電気代の25%〜35%(最小15%〜最大48%程度)程度の削減を提案いたします。

ピーク時の電力消費で空調機が占める割合について

こちらで紹介するグラフは2014年に経済産業省・資源エネルギー庁より出された、夏季の節電メニューより抜粋したデータより作成しました。

業種や季節によって偏りはありますが、夏季は特に空調機が占める電力消費量が増加します。
多くの業者では、この夏季に関する情報を元に電気代削減の提案を行う場合が多いですが、当社では冬季の電力消費量も含めた削減量を元に提案を行っております。

結果的に削減率が低く見えますが、自然冷媒ガスを導入後、提案内容と実データの差異が最小になるよう心掛けています。勿論、冬季の電力消費内訳においても空調が占める割合は低いわけではありません。

当社でご提案させていただいている、電力コンサルティングと併用することで年間を通して、より大幅なコスト削減も可能です。

飲食店
オフィスビル
卸・小売業
tel.092-408-9977